三十路からのデスマーチ

何気ない日常がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

日常

インフルエンザ予防接種は大人でも痛い

幼い頃、ガス室に送り込まれるような気分で並んだインフルエンザの予防接種。 「ぜんぜん痛くねぇし!」 と涙をこらえて強がる子もいれば、涙をこらえきれない子もいました。 そんな私は献血を繰り返すことにより、腕に針を刺されることに対して抵抗がなくな…

幽霊も怖いけど人間も怖い

今週のお題「怖い話」 私がまだうら若い乙女だったころの話です。 私の住んでいたマンションには一階に呼び鈴があり、部屋番号を押すと部屋のインターホンにつながるという内線システムが搭載されていました。 宅配の人が最上階に来ても、留守だったというこ…

VTuberは簡単になれるのか

皆さんこんちは。柳沢吉です。 本日は、VTuberは簡単になれるのか、ということでなりかたを整理していこうと思います。 えーと、まずはですね、自分のキャラクターが必要ですね。 手軽にやってみたいなというだけでしたら、スマホのアプリでも十分なんですが…

身体を整える

私の好きなことの一つに足つぼがあります。 足つぼの存在を知った時は「ええ~!!これ合法なんですか!!?」とたいそう驚いたものです。 しかし、身体の指圧はあまり好きではありません。 なぜならとても痛いのです。 ちょっと押しただけで「ぎゃん!」と…

簡単!美味しい!邪道!の三拍子そろった「トリッパのトマト煮」

お題「#おうち時間」 自宅から出れない日々を皆さまどうお過ごしでしょうか。 職場で「今家でお菓子作りをする人が多くて全然小麦粉売ってないんですよ~。」というのを聞きながら、その話題が自分に回ってこないことを祈りました。 私は海老の殻や野菜の廃…

髪の毛を伸ばすだけの簡単なボランティア

ヘアドネーションというボランティアを知ったのは十年近く前のことでした。 海外の少年が周りの大人や子供に馬鹿にされながら髪の毛を伸ばし続け、寄付した話に感銘を受けて、せっせと伸ばしました。 髪の毛をのばすだけなんだから、簡単。むしろ美容院のカ…

マスク以外なら大体手に入る

東京に住んでいると家族友人から「大丈夫? 足りないものがあったら送るよ。」「自粛で外に出られないんでしょ? 大変だね。」と心配のメッセージが届きます。 私自身、今まで身体を壊したことはあるし車にはねられたこともあるしで、あまり身体が丈夫なほう…

自己責任社会の結果

パニックホラー映画を観たことありますか? モンスターが襲ってくる、ゾンビ化するウィルスが蔓延する、街が霧に包まれる等など様々なネタを使った映画がありますよね。 そんな時、慣れた人なら「ここで籠城する!外は危険だ!」という展開を観ると「いやw…

夏も終わりに近づいてきたので

すぴりちゅあるな話を一つ、したいと思います。 私、何故かとても行きたくてたまらなくて、とある神社にお参りに行ったことがあるのです。 どうしても絶対、今行かねばならないと、かなり遠距離でしたが日帰りで。 休日でしたが、人は少なく静かでした。 私…

引越しでしくじった話し

以前、私は就職と同時に引越しをしたことがあります。 引越しと共に実家から遠方になり、どうしても一人暮らしをしなくてはいけない状況でした。 私は「即日入居って物件もあるし、二週間くらいで引っ越せるやろ!」と振り返れば、過去に戻れれば星一徹が息…

不動産屋さんのドレスコード

引越しをするときに、必ずと言っていいほどお世話になる不動産屋さん。 現在では仲介業者が乱立し、接客態度も良くなり、安心して利用できると言います。 最近では身元保証人ではなく、家賃保証の会社への加入を求められるケースもあり、初期費用さえ確保で…

一年を振り返って

今年はいろんなことがあった年でした。 身内の葬儀から人生初のオーバーブッキングまで、そろそろ生き慣れて来たなと思ったときこそ様々なトラブルがやってくるものです。 その中でも「今年の1位はオーバーブッキングだな」と高をくくっていたら、それ以上の…

時間泥棒You Tuber

最近自宅で仕事をしているときにYou Tubeをよく見るのですが、好きなYou Tuberができるともうだめです。仕事ではなくただの休憩になってしまいます。 子どもたちのなりたい職業に選ばれるのも納得です。 人気のYou Tuberさんたちは皆楽しそうなんですよね。 …

献血は簡単だけど誰にでもできない

誰にでもできる簡単なお仕事 という文句に騙された人は多いと思います。 そんな誰にでもできるフレーズがついている献血。 こんなこと言うと赤十字から怒られると思うんですが、どうしても伝えたい。 献血は誰にでもできません……。 これは、献血を60回以上行…

耳が痛くなった話し治療編

外耳道炎 それが私に眠れもしないほどの重傷を与えた耳痛の原因でした。 耳掃除のし過ぎ、もしくはプールに入った後になることのある病気らしく、原因だけ伝えられると子供のかかる病気のようにしか思えません。 しかし私の耳はそれを発症し、何故か本来なら…

そして誰もいなくなる

私の住む県は若者が地方に流れ出た割合が周りの都道府県に比べてワースト1位というありさまです。 良いことです。 ないものを求めて行動力ある若者が逞しく成長し、巣立って行くのです。 良いことです。 年を取れば転職もしずらく体力もなく引っ越しなどなか…

2018年初ひやっとした話

あけましておめでとうございます。15日までは門松を飾っていてもいいのでまだセーフです。あけておめでたいんです。 今年の抱負は自分でどうこうできることは自分でどうこうしたいので、宝くじで高額当選したいという希望を捨てないということを抱負にしたい…

気になっていた在宅ワークの税金のこと

会社に勤めている人は退職するときに「こんなにもらってたのにこんなに引かれていたのか」と気づく国からの徴収金。かくいう私も「こんだけもらってるのに手取りがこんだけなのは全部保険と税金のせいやないかい」とぞっとしたことがあります。 さて、数年前…

採用結果、相手を待つか自分から聞くか

就職活動で採用結果を待つことはよくあると思います。電話してその日に面接してその直後に採用、明日から来てというところもあるでしょうが、ほとんどの場合は採用担当からもっと上の人からあるいは社長から協議の結果三日後やら一週間後やらに採用の連絡が…

左足の小指が痺れる原因

みなさん、足の小指だけがしびれたことありますか? 私はあります。 足の小指の痺れは万病の兆候らしく、脳梗塞や椎間板ヘルニア、糖尿病等々ググると怖い情報ばかり出てきます。 怖い情報ばかり見ると不安になりますよね。 なので大雨の中病院に行ってきま…

写真は未来の自分へのメッセージである

昔の写真をみると懐かしさで笑みがこぼれるかもしれません。 私の場合、泣けてきました。 若かったころは綺麗だったのよと言う日が来るとは思えませんでした。 私はいわゆるスクールカーストでいう底辺にいまして、それでも同じ趣味の友達がいたおかげでほど…

ゲーム脳

風邪を引きました。二月の初めでした。固い鼻水とガラガラの声、熱が無いのに止まらない咳。それが二週間続きました。 ツイッターで勇者は何故若いのかという疑問に対して、「一晩寝ても疲れが取れるのは若いうちだけ」という大変説得力のあるつぶやきを見ま…

身分証明書にまつわる思い出

身分証明書というのでぱっと浮かぶのが運転免許証です。身分証明書の代名詞ともいっていいと思います。 今は昔、私がまだ花の女子高生だったころ、運転免許なるものは必要かと母に問うと「身分証明書になるからあったほうがいい」と言われました。 なるほど…

弱いものからノロウィルスの餌食になる

ノロウィルスにかかりました。 理由は簡単。牡蠣鍋をしたときに持ち前のいじ汚さを発揮し、「このくらいでいいだろう。」としゃぶしゃぶした牡蠣を「あ、やばいかもしれない」と思いながらごっくんしてしまったこと。 さて、私はこの牡蠣からきたノロウィル…

見習うべきところは見習う。

久しぶりにサザエのつぼ焼きを食べたのですが、子供のころからこの尻尾のところが苦手です。 いじきたないので、あと少しと一人チキンレースをして苦い思いをします。 話は変わりますが、お正月に政治関係の番組を観ると、トランプさんがよく出てきます。そ…

無関心から興味津々のターニングポイントは大体二次元。

友人の一人がスポーツが得意で、オリンピックの時も大変白熱しているのを人をダメにするクッションに寝そべって眺めていたことがあります。 私はスポーツが苦手なので自然と野球観戦もサッカー中継も興味がなく、家族がフィギュアスケートに夢中なのもさっぱ…

大河ロスまったなし

真田丸。 堺雅人と徳川家康が好きな私は毎回ハラハラワクワクしながら観ています。第四十四回のOP映像後半にSEが着いたときにはジョジョの奇妙な冒険も最終回になるとOPにSEついててすごくかっこよかったなと思い出してしみじみしました。 今回の真…

台風の思い出

今週のお題「防災の日」 幸いなことに、私の住む家は近年大雨や台風地震に脅かされない日常を送っています。 しかし、その昔。 台風での出来事でした。 私は当時小学生。兄と祖母と供に、共働きでいない両親の帰りを家で待っていました。 ひどい風が窓を打ち…

インフルエンザB型

ここ十年。予防接種なしでインフルエンザ回避をしてきた自分ですがついにかかりました。 人生初のB型。おかげで休みがパァです。ここでB型の特徴おば。個人差はありますがA型が分かりやすく高熱を出すのに対し、B型は熱もなくきづかないまま自然治癒すること…

チョコレートにお金かけないバレンタイン。

最近ではスイーツ男子という言葉があるように、甘党な男性が形見を狭い時代は終わりを告げようとしています。しかしそんな日本でも、この日だけはチョコレートを買いづらいのではないでしょうか。 バレンタインデー。 海外では好きな人にカードを贈り合う日…