三十路からのデスマーチ

何気ない日常がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

大人になるということは、親に信頼されること

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

二十年近く前に成人した私の、成人式の記憶は、着物の着付けが悪かったのか脇腹が痛すぎてとにかく早く家に帰りたいと切望し、久しぶりに会う友人たちとの歓談もせずに家に向かって帯をほどいたということです。

 

大人になったことを感じるときはどちらかというと「老い」を感じる時だといいます。

肩が上がらない、体を起こしただけで背筋と腹筋がつる、朝一番が何となく怠い、一日体力がもたない。

日々の怠慢がダイレクトに体調や体型につながることで大人になったと感じます。

 

そんな私が老いではなく大人になったと感じた時があります。

それは、コロナ禍で戻って来いと言われないこと。

 

私が大学を卒業して就職した時、家から通えることに両親は安心していました。

それは私が成人しても、子供だと認識していたからでしょう。

目の届くところに置いていないと不安だと思われていたようです。

 

私が実家を遠く離れ、一人暮らしと転職をした時に、止められはしませんでした。

私も一人で引越し業者に連絡し、荷物をそろえ、保険会社に依頼して住居も決めて、行ってきますと出て行きました。

 

そしてコロナウィルスがやってきて、私は一年以上実家に帰れなくなりました。

 

帰れないけどこれで美味しいものでも食べて、と、わずかにお金を送りました。

裕福ではないけれど、生活には困ってないよという気持ちをこめて。

 

すると数日後、両親から

「ウナギ食べました」

という、高級そうなお店でうな重を食べている写真がLINEで届きました。

 

 

 

 

え…ウナギ……?

あ、そう……。

いや、別に羨ましくなんか……ない、ことも……ない、けど……。

 

心配せずもりもりウナギを食べている両親の写真を見て、私もその日近所のスーパーで冷凍の安売りになっているウナギを買ってしまいました。

 

大人になるということは、ストゼロの味を知ることや、老いを感じることだけではなく、両親に「まぁなんとかやっていけるでしょ」と安心させることなのかもしれない。スーパーの安売りの中でも一番安いウナギを掘り起こして探しながらそう思いました。

 

 

 

 

鬼滅の刃の裏でやばいアニメ映画が公開されていた話

あけましておめでとう。

今年も宜しくお願いいたします。

 

 

突然ですが、私は鬼滅の刃で推しキャラが死亡した時に体調を崩したほどのファンですが、映画ファンとしての私自身は「無限列車編は百億円くらいいったらいいな~」と思っていました。

何故なら無限列車編はこれまでの鬼滅の刃のストーリーや世界観を知っていることが前提。一見さんには「は?なんであんな強い鬼がでてくるの??っていうかあの猪なんなの?ここで終わり?パワハラで有名なラスボスは?この偉そうな人達誰?」の?だらけ。

そんな中、SNSでは一つのアニメ作品が絶賛されていました。

それが「羅小黒戦記」。中国で作られたアニメです。

CMでは小さくて丸い可愛らしい黒い子猫や、その子猫が化けたものと思われる可愛らしい子供が美形の青年と一緒に旅をしているような動画が流れます。

あ~ほのぼの系のアニメなのね。

一瞬そう思いましたが、劇場に行った人たちのコメントは巨人の脅威にさらされたように面構えが違います。

私はこの空気を知っています。

癒し系のふわふわのマスコットと、少年の心の交流と見せかけて、劇場にいけばゴリゴリのアクション映画。兄を失い復讐に燃える少年の物語だったという印象操作をされたディズニーの人気作品と同じです。

では実際どうなのか。

SNSの評価は大体正しいと信じている私は真実を求めて劇場に行きました。

 

結論から言うと、確かにほのぼのとしたシーンもありますが、私は既視感がありました。

そう、幼い頃劇場にまだ指定席やシネコンと言う概念がなかった頃、入れ替え制ではなかったので座っていればそのまま次の映画が上映されていたころ、そして、アニメが二本立て、三本立て等あったころ。

宇宙で一番強い奴に会いに行くと闘志を燃やす戦闘狂の主人公がどったんばったん大騒ぎする映画です。

 

羅小黒戦記のストーリーは、人間の開発によって故郷の森を失った小黒と言う名の猫の妖精が、同じ妖精に新しい住処を紹介されてやっと落ち着けると思ったときに、謎の激強の青年(後々100年以上生きているという話もあり)に強襲され、せっかく出会えた妖精たちと離れ離れになり、青年と無理やり旅をさせられることになるという話です。

 


『羅小黒戦記』未公開本編映像を含む主題歌「Unity」映画版MVが公開!  『羅小黒戦記』主題歌スペシャルトレーラー

冒頭から可愛さしかない映像に、徐々に不穏さがはいり、ハリウッドのアクションのような見ごたえある戦闘シーンがはさまれ、最終的には思いがけない結末を迎える作品です。

鬼滅の刃は戦闘シーンがすごいと言われるアニメ会社が作成しています。

まさか、可愛い子猫が出て来る映画で、鬼滅の刃と同じくらいの戦闘シーンを鑑賞させられるとは思いませんでした。

 

ストーリーも完結しているので、映画以外の予備知識がなくとも楽しめ、中国の仙人等の知識があれば一層楽しめるという内容になっています。

キャラクターも魅力的で日本でもファンアートが量産され、それを知った中国の識者たちからも「中国では子供を冬にモコモコに着ぶくれさせる文化があるので、何卒小黒がもこもこ着ぶくれたイラストを…」というつぶやきがされたり、映画のパンフレットを見た家族から「何故一人で見に行ったのか。一人でこんな面白そうな作品を見て良心は痛まないのか」と顰蹙を買い、二度目の鑑賞に出かけた方など、SNSでは映画の魅力を語る人が増えています。

密かにその人気が語られ、海外のアニメ映画であるにも関わらず、公開期間は延長、公開地域拡大という鬼滅の刃の陰で興行収入をぐんぐんあげているのです。

 

私は鬼滅の刃は大好きです。

しかし劇場版の鬼滅の刃はあくまで、アニメファン、原作ファンのために作られた作品。

私は鬼滅の刃のファンで外伝を読んで泣いて八巻を読み返して泣いたほどのファンですが。

無限列車のパスケースも買ってしまいましたが。

 

映画好きな私が言うのです。

映画として完成しているのはどっちだと思う?と。

 

そんなの推しが動いている時点で百点満点なので比べようがないし映像作品として見た時にあの技がこんなに大きなスクリーンで音と動き付で見られる時点で完璧以外の判定なんて出せるわけないじゃないか。

と私のインサイドヘッドは答えを出しているのですが、どうしても声に出して言いたいのが、鬼滅の刃を観て面白いとおもった一見さんは羅小黒戦記も絶対おもしろいから観て欲しいなということ。

 

正直、あのポスターで、私は、観に行こう!と思えなかったんです…。

でも観たらめちゃくちゃおもしろかったので二回観にいったんです…。

 

だからもし、鬼滅の刃にひっかかってこの記事に辿りついた人がいたら是非とも、羅小黒戦記を観て欲しいと思います。

都内ではもうすぐ終わってしまうところが多いので、是非。

 

ぶっちゃけ、一見さんなら絶対に鬼滅の刃よりも楽しめると思うんです…。

 

 

 

 

 

まぁ、羅小黒戦記もYOUTUBEで本国で公開済の小話アニメみたいなのがあって沼なんですけどね…。

迷惑系は割に合わない

動画配信者の犯罪者が有名になった結果、何が起きたか。私の推しているYOUTUBERの方がその事件を持ち出され引っ越し先の大家さんから引っ越しを断られると言うことが起きました。

 

私は今まで、迷惑系とメディアに呼ばれる動画配信者を見るたびに迷惑系じゃなくてただ単に犯罪者じゃないかと思っていたのですが、今回はただ鼻で笑うだけではない感情がこみ上げました。

 

その結果、迷惑系と呼ばれるものはどうして存在しているのか、人はどうして迷惑系に走るのかということを考えました。

 

迷惑系は人の好奇心を集めたり、また迷惑をかけた有名人のアンチに支持されるといいます。そのため、再生数や登録者数が短時間で集められるといいます。

 

しかしそれは犯罪をおかすほどのメリットなのだろうか、他にもあるのではないかと思ったのですが、とあるYOUTUBERがきっぱりと「迷惑系は動画配信者として生き残れない」とおっしゃっていました。

 

理由は明快「迷惑なことをするものに企業は広告をつけないし、案件もださない」。

 

YOUTUBEを例に挙げると、大きな収入は広告とスポンサーの案件と言われています。

広告は二週間で80万円稼げる人もいるので、企業の広告をとばさずに観るだけで推しのYOUTUBERの生活を潤わせることができます。

 

広告の審査は現在厳しくなり、広告が突然外されるという騒動がおきました。迷惑系などもってのほか。動画に広告が挟まれることはありません。

 

また、動画配信者をやめて就職をしようとしても、過去に行った迷惑行為の結果雇ってもらえないことも多いと言います。

自ら信用を下げてしまった代償は一生付きまといます。

 

一瞬だけ承認欲求を満たすことができても、その瞬間だけで後は堕ちるしかありません。そこから這い上がる才能や努力は、迷惑行為をしなかった時の何倍も必要になると言われています。

 

なにより、その界隈を巻き込んだ騒動に発展すると言われています。

YOUTUBEの広告がつきにくくなったのも、迷惑系の動画が原因ともいわれています。

 

YOUTUBERの今後を十分脅かす存在として、今その存在はとても迷惑がられているのです。

 

 

憧れのピザ

今週のお題「ピザ」

 

ピザ。小麦粉を使用した薄く円形の生地にトマトベースのソースに小麦粉の生地にチーズやサラミを乗せて焼いた料理。陽キャのパーティーの定番料理。

それが私の中のピザのイメージです。

子供の頃からピザは憧れの料理でした。

ピザの広告が健康食品の中に混じって入っていると、眺めながら虚無の気持ちを抱きました。

「なぜ配達地域でもないのに投函する。」

私の居住区域は宅配の恩恵が受けられない地域。

そんなわけで、私はピザーラのCMが流れると舞踏会を夢見るシンデレラのような気持ちになっていました。

そんな私も大人になり、宅配がないならテイクアウトじゃいと運転免許取得後はテイクアウトのピザを買って帰るようになりました。

その頃には日本にはイタリアンブームが訪れ、石窯ピザを扱うお店も増えていました。冷凍でも美味しいピザが手軽に買えるようになりました。

 

ある日、私はコストコの出張販売に遭遇しました。

アメリカンサイズで有名なコストコ

ピザのサイズもアメリカンです。

そこにあったのは、お盆のように大きなセミドライトマトとパンチェッタ、チーズの乗ったピザでした。

どう見ても大規模パーティーで食べるようなサイズ。

パーティーの予定はない。しかし私はどうしてもそのピザが食べたい。

コストコならばテイクアウトとして焼いたピザを販売しているようなのですが、地方の出張売り場ではそんなコーナーはなく、どうしようと思っていた時に耳寄りな情報を知りました。

コストコのピザは冷凍しても旨い。

これだ、と思った私はピザを買い、食べきれない分は丁寧にラップで包んで冷凍庫にすべてをゆだねました。

トースターでチンしたピザは、クリーミーなチーズと酸味のなかにも仄かな甘さのあるドライトマト、そして肉厚なパンチェッタが上品な味わいの激うまピザで、朝食にも最適。パーティーで大勢で食べれば一晩でなくなるピザを一週間かけて食べました。

 

 

 

インフルエンザ予防接種は大人でも痛い

幼い頃、ガス室に送り込まれるような気分で並んだインフルエンザの予防接種。

「ぜんぜん痛くねぇし!」

と涙をこらえて強がる子もいれば、涙をこらえきれない子もいました。

 

そんな私は献血を繰り返すことにより、腕に針を刺されることに対して抵抗がなくなり

「インフルエンザの予防接種なんか一瞬ちくっとするだけじゃないっすか。」

と思っていました。

思っていたんです。

インフルエンザ予防接種痛い。

長男だから耐えられるとかそういうレベルじゃない。

献血もう50回してるんでとかそういうのじゃない。

 

献血と違って皮膚の中にワクチンを注入するので、痛い。献血は元々通路のある血管の中に針を入れるけど、予防接種は肉に刺してる。だから痛い。めちゃくちゃ痛い。

さらに身体が入って来たワクチンに対して免疫反応を起こすので無駄に痛い。

 

ここがまず序の口なんです。

すでに嫌になるけれど序の口なんです。

個人差によってはさらなる苦しみが待っています。

 

刺した腕の筋肉痛のような痛みがずっと続く。

刺された部分の痛みが一カ月くらい続く。

インフルエンザに罹患した時の経済的損失と身体的精神的苦痛を思えば我慢できないけど納得はできるそのつらさ。

一晩眠れないくらい我慢しなくてはいけません。

それが大人。

しかしあまりにもいたい時は、予防接種を受けた医療機関に相談した方がよいそうです。

インフルエンザの予防接種、まだな人はぜひとも頑張ってください。

乗車前には切符のご確認を

日本が誇る漫画・アニメ文化は日本の経済を支えてきました。

しかし、コロナ禍の中、数々のイベント、映画は自粛のため延期になりました。

「三部作の最終章は桜が満開の春に観たかったな……。」

という残念そうな声や

「あの映画公開日決まってないんですけどぉぉぉおおお(汚い高音)」

という悲鳴。

 

そんなつらい春、夏を越えて、やってきました秋。

コラボ商品が店の記録を塗り替える、日本の経済の柱となった作品、「鬼滅の刃」の劇場版「無限列車編」が公開されました。

 

されてしまいました。

無限列車編。公開が決まった瞬間、原作ファンが、たしかに劇場向けの尺かもしれないけれども絶対観るけれども、多分三回は観るし4DXとかあったら絶対観るけれども、一人で観る勇気はないから誰か手を繋いで一緒に観て欲しい。という悲鳴に満ち溢れたエピソード。

 

「幸せが壊れるときはいつも血の匂いがする」

 

一回しか出てこなかったこの言葉を思い出すエピソード。

 

もう一週間経っているので、ネタバレが嫌な人はすでに観ているかと思います。

この無限列車編、原作のストーリーをそのまま映画化していますので、ネタバレを危惧するとすればキャラクターの声優です。中の人です。

 

平面からアニメに変わる時、避けて通れない「声」

 

イメージと違う、ということもありますが、はまりすぎて呼吸を忘れたという人もいます。

 

鬼滅の刃はアニメ化する前から人気で、アニメ化した時にはその声優が発表されたときには大盛り上がりした作品です。

主要キャラクターの四人はもちろん、作品中の強者である「柱」という称号をもつキャラクターたちは特番で声優が発表され、ファンは絶叫しました。

雑魚鬼と呼ばれる名もなき鬼、名前があっても1話で大量リストラされた鬼たちの豪華声優陣っぷりに多くの人たちが戦慄しました。

 

無限列車編では事前に声優が公開されていない主要キャラが四人いたため、ネタバレなしにその新鮮さを味わいたいと劇場に駆けつけたファンが、まさかそんな大御所がここにきて持ってこられるのかと絶句しました。

 

劇場版であってもファンへのサプライズを失わない素晴らしい作品でした。

 

原作ファンの私は想像の何倍も良い映画に仕上がったなぁとマスクの中を鼻水と涙でぐしょうしょにしながら思ったのですが、ふと気になったことがあります。

 

原作読まずに観た人、もしくはこれが初めての鬼滅の刃になった人、最後まで振り落とされずについてきたのだろうかと。

 

「無限列車編」は鬼滅の刃のアニメ26話の続きです。つまり、見るときは鬼滅の刃27話を観るような心構えでいくのがベターです。

原作を読まずに観ても、26話までの流れを把握していれば

「あの猪……なに? 」→猪に育てられた美少女の顔をした少年です。

「なんで日本人の名前なのに髪の色赤だったり金髪だったりするの?」→雷に打たれたり、お母さんが妊娠中に炎を見ていたからです。

「女の子箱の中と外じゃ大きさ違うんじゃない? 作画ミス? 」→鬼なので身体の大きさを変えられるのです。

と気になって内容に集中できないということもおきません。

 

なにより、鬼滅の刃がPG12というレーディングになっている意味を理解できるかと思います。

鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎はとても優しく、勤勉な少年です。

女の子が困っていれば、同期であっても叱って止め、無礼な猪には頭突きをし、目上の人であっても間違っていれば意見を言う。弱きに優しく、強きに怖気ない彼の存在は教育に良いのです。

しかし鬼滅の刃そのものは優しいだけの物語ではなく、一話にして主人公の家を血の海にするという惨たらしいシーンがあるのです。

 

私は小学生の頃、殺人鬼の魂が子供のおもちゃの人形に宿り、殺人を行うホラー映画のポスターが恐ろしくて、一週間ほどうなされていた時期がありました。

無限列車編の鬼は狡猾で、恐ろしいシーンもあります。

とくに作画演出は、気持ち悪くおぞましい肉塊を描くことに定評のあるスタジオ。

恐怖で席を立つお子さんがいても不思議はない作品です。

 

ファンにとって、鬼滅の刃はとても大切な作品です。しかし、某海賊映画のような爽やかさを求めて映画館にやってきた人に、こんなに怖い作品だとは思わなかったとご意見を送られることはとても悲しいことなのです。いやほんとに。開いた口が塞がらないくらい。

 

そのため、映画を観る前にはどういう作品なのか、同行者に、自分に適した作品なのか、チケットを買う前に確認してほしいのです。

 

映画を観に行ったら鬼滅の刃しかなかった、という状況は映画ファンにはとてもつまらない状況だと思います。

私も、よく知らない興味のない映画が一日5分おきにスクリーンすべてで稼働して、観たかった映画が早朝と深夜の回しかなかったら、ご意見カードに文句をかいてしまうかもしれません。

しかしもし、「他にないから観てみるか」と観てみて、面白かったら「興味なかったけどおもしろかった」とSNSやカフェの雑談等で話していただければ、たまたま貴方の隣の席にいるかもしれない、貴方のつぶやきを見るかもしれない私が、にっこりします。

 

最後に、鬼滅の刃無限列車編は優しいだけの物語ではないし、今回の映画は初めて見る人向けではないし、ちょっとグロテスクだし………すっきりとする終わり方ではないと思います。

しかし、無限列車へには鬼滅の刃の魅力がぎゅっと凝縮されています。

家族を大切にする気持ちと、強く気高い魂と、残酷な展開と、それでも何かを引き渡し受け継ごうとする人のつながり。

そのすべてがつまって、とめどなく押し寄せてくる作品です。

 

西池袋の中華料理店がぼっちにも優しかった話

中華といえば横浜ですが、首都圏にはあちこちに中華の名店があります。

敷居を高く感じるお店もありますが、西池袋というチェーン店以外はぼったくられる可能性が爆上がりするような立地でも、美味しくほどほどの価格で楽しめるお店があります。

 

それが池袋の茶館さん。

 

中国茶の種類が多く、飲茶もおいしいと以前から人気があったのですが、今回SNSで「お一人様専用の量と値段のプランを考えたので、予約限定ですがきてみませんか?」とメニュー表をアップさせたらわーっとお一人様が集まって来てさらに人気が高まったというお店です。

 

以前から食べ放題プランはあったのですが、2名以上からが条件で、ソーシャルディスタンスを守る人や以前からソーシャルディスタンスだった方にはハンター試験並みの関門でした。

 

そんな茶館さんにぼっちの私が行かないわけにはいくまいと、行ってきました。

 

茶館さんには以前も行ったことがあり、その時はスイーツ飲茶目当てで行ってきました。ハリネズミという、カスタードのつまったハリネズミの形をした揚げ饅頭があり、それがぱりっと香ばしくて美味しいのです。見た目も可愛いのです。

 

一人様専用プランは、その名の通り「一人だと色々食べれないけど、友達いないんだよな~」という悩みを抱える孤独の民に優しいプランでした。

 

蒸し物は三個単位からですが、好きな餃子やシュウマイを三種類選べるという夢のようなシステム。

炒飯は300円ほどなのにスープも付いてきます。

フカヒレそばは500円以下なのに、ちゃんとフカヒレ入っています。

お店の人がぼっちなので気を使ってくれたのか、

「どうでしたか? 美味しかったですか? 」

と聞いてきてくださったのに、今まさに烏龍茶ゼリーをほおばろうとした直前でもあり、口を開けたまま会釈をするという食いしん坊っぷりを発揮してしまいました。

 

昨今の飲茶は、通信販売でも冷凍食品でも手軽に食べられるのですが、蒸したて、揚げたての、飲茶のぷるぷるパリパリの美味しさはお店でしか味わえません。

 

気が付けば、食べ放題プランと同じくらいの値段分を満足いくまで味わえました。

 

お一人様専用プランは9月までとのことだったのですが、テレビでも取り上げられてさらに人気が高まり、10月も続ける予定とのことです。

 

ぷりっとしたエビ餃子や、パラパラのチャーハン、揚げたてのゴマ団子、全部食べたいけど量が……と悩んでいる方は、ぜひとも行ってみてください。