読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路からのデスマーチ

何気ない日常がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

日本公開されなかったけど話題になった画像の元ネタ映画「ヘンゼル&グレーテル」。

今週のお題「映画の夏」

 

一時期、「そして殺す」という字幕付のジェレミー・レナーの画像が流行しました。ミッション・イン・ポッシブルシリーズの3,4が地上波で放送されるときにも「そして殺すおじさん」とか話題になりました。

 

ヘンゼル & グレーテル』(Hansel and Gretel: Witch Hunters)は、2013年アメリカ合衆国コメディアクションホラー映画トミー・ウィルコラ監督。 3Dで製作され[2]、2013年1月25日に公開された[1]

日本での公開については、一度2013年4月6日公開と発表されながら、その後公式サイトから日本公開日が消去され、2013年に入り「今年(2013年)公開予定[3]」「日本での公開は正式に中止[4]」と情報が錯綜していたが、2月17日に「パラマウント100周年公式アカウント」なるアカウントにて「パラマウントでは配給しません」との情報が流れた[5]。結局、日本ではDVDスルーとなり、2013年7月19日にブルーレイとDVDが発売されることになった[6]

 

ウィキペディアより。

 

日本のジェレミー・レナーファンの声は配給会社に届きませんでした。残念です。むしろDVDだけでも発売されてよかったと思うかもしれません。

かくいう私も日本公開を待っていたファンの一人でしたが。あの元ネタ「そして殺す」は映画のインタビューを抜粋したもので、内容はそのままです。悪い魔女を兄妹がぼっこぼこにして殺す。それ以上でも以下でもありません。

じつは二人の両親は……とか、グレーテルの隠された能力が発揮!とか、ヘンゼルの弱点とか、サーフィンのように箒を乗りこなす魔女とか、色々あるんですけど、「ジェレミー・レナーファン以外が観て誰が喜ぶんだよ」って配給会社に言われると、「う、うん……。」と言ってしまう作品。日本で公開されず大ヒットしたDVDの中に加われるかと言うと、やっぱりジェレミー・ファン以外は一回見たらもういいや! って思う作品。

 

しかしですね、明るくアハハって笑えるアクションとしては、友達で観るのに十分な作品なんですよ。

家族と観るのにはちょっと露出度の高いシーンが挟まれるので、友達同士がおすすめです。

 

ちなみに続編は頓挫しているそうです……。

B級好きな方にはおススメでございます。