三十路からのデスマーチ

何気ない日常がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

好きなことをして生きていく

令和になりましたね。 そんな私の始まりは一本の動画でした。 【福岡事変】in神戸公演『レペゼン地球 ライブ』 レペゼン地球の動画です。 ちなみに平成最後の動画は今酒ハクノさんでした。 【限界メシ】ストロングゼロで作ったラーメン、4種食べ比べ!【050…

アベンジャーズ/エンドゲームを一年前から待っていた話 後編

絶望の一年からついに公開されたエンドゲーム。 間に「アントマン&ワプス」で絶望を回帰させ、「キャプテン・マーベル」でこんなすごいヒーローがいるなら今度こそサノスをボコボコにしてハッピーエンド間違いなしだ!! と期待を高めてくれてからの公開で…

アベンジャーズ/エンドゲームを一年前から待っていた話 前編

貴方は映画館で絶望をあじわったことがありますか? 私は魔法少女まどかマギカが生まれて初めて映画館で絶望を味わった作品でした。 二度目は去年公開した、アベンジャーズ/インフィニティウォーです。 アベンジャーズシリーズは今まで「世界が滅ぶ!」とい…

サメ映画よりもサメを見せてくれた映画アクアマン

大ヒット中の映画アクアマン、最寄りの映画館では何故か、上映しないんですか?というアンケートにだが断ると返していたため車で片道一時間以上かけて観にいきました。 ジャスティスリーグ以来のジェイソン・モモアが演じるアクアマンことアーサー。見た目か…

Vtuber界の異端児「今酒ハクノ」

気がついたら2019年にとっくになってました。柳沢です。 私、実は2018年に「御利益がヤバい!エグい!半端ない!」で有名な安井金比羅宮に行って参りまして、それから様々な別れがありました。 しかし、2019年になってから衝撃的な遭遇がありました。 その方…

一年を振り返って

今年はいろんなことがあった年でした。 身内の葬儀から人生初のオーバーブッキングまで、そろそろ生き慣れて来たなと思ったときこそ様々なトラブルがやってくるものです。 その中でも「今年の1位はオーバーブッキングだな」と高をくくっていたら、それ以上の…

UVERwoldと「ヴェノム」の親和性

マーベル界の人気悪役キャラクター、ヴェノムの映画が本日公開されました。 アベンジャーズ・インフィニティーウォーがいろんな意味でお子様向けではなく、デッドプール2は完全に大人向け映画、その中でしょっぱなからグロテスクなイメージをめいいっぱい広…

時間泥棒You Tuber

最近自宅で仕事をしているときにYou Tubeをよく見るのですが、好きなYou Tuberができるともうだめです。仕事ではなくただの休憩になってしまいます。 子どもたちのなりたい職業に選ばれるのも納得です。 人気のYou Tuberさんたちは皆楽しそうなんですよね。 …

献血は簡単だけど誰にでもできない

誰にでもできる簡単なお仕事 という文句に騙された人は多いと思います。 そんな誰にでもできるフレーズがついている献血。 こんなこと言うと赤十字から怒られると思うんですが、どうしても伝えたい。 献血は誰にでもできません……。 これは、献血を60回以上行…

日本の端っこでオーバーブッキング

なんらかの事情で航空会社が席を確保できず「お客様の中に、次の便でいっか~、と余裕のある方はいらっしゃいませんかーーー!」と叫ぶ回数は、お医者さんを探すよりも確率が高いと言われています。 東京から主要都市に行く時に起こることが多く、出張中の人…

トラウマアニメ「ウミガメと少年」

子どもにも戦争の悲惨さを知ってもらおうと、数々のアニメ作品が作られました。中には大きなお友達が「これ……声優の○○さんやんけ……!!」と物語そっちのけにきになってしまったり、逆にその演技力に涙がほとばしるという人もいます。 戦争作品の実写版は、規…

「砲台に消えた子どもたち」は子供向け文学版の「ミスト」

バッドエンドが好きな人は一定数います。 そんなあなたの一番最初のバッドエンド体験はなんですか?と聞かれ、いろんな漫画やトラウマゲームなどの作品名も上がるのですが、私の中では一番最初の体験は間違いなく戦争系の作品でした。 幼少期に触れた有名な…

ニンジャバットマンが初見にもファンにもすごかった

ニンジャバットマンがヤバイという感想をツイッターなどでよく見かけたのですが、何を言ってもネタバレになるというジレンマを抱えながらも、見て欲しいという気持ちが素直ににじみ出た感想だと思います。 でもバットマンってよく知らないし、なんか色々キャ…

耳が痛くなった話し治療編

外耳道炎 それが私に眠れもしないほどの重傷を与えた耳痛の原因でした。 耳掃除のし過ぎ、もしくはプールに入った後になることのある病気らしく、原因だけ伝えられると子供のかかる病気のようにしか思えません。 しかし私の耳はそれを発症し、何故か本来なら…

眠れないほど耳が痛くなった話し

旅行に行ったり映画を観たり、楽しい初夏を過ごしていた私ですが、その時はそっとやってきました。 私は耳に時々ニキビができるので、その時も「ニキビかな」と安易に思って薬を塗ったりしていました。 そのため薬を塗ってその日は眠ったのですが、午前3時耳…

そして誰もいなくなる

私の住む県は若者が地方に流れ出た割合が周りの都道府県に比べてワースト1位というありさまです。 良いことです。 ないものを求めて行動力ある若者が逞しく成長し、巣立って行くのです。 良いことです。 年を取れば転職もしずらく体力もなく引っ越しなどなか…

串かつだるまに思いをはせる

旅行に行くと食べたくなる、ご当地グルメ。ぶっちゃけ飲食店の少ない地方では銀だこもファーストキッチンもビアードパパもご当地グルメです。 そんなご当地グルメの話し。 私は大阪が好きです。大阪に住みたいくらい好きです。大阪ほどたこ焼きにめぐまれた…

不穏な話しは定期的に欲しくなる

知人から「これはマジでやばくて重いしグロ度もあるけどぜひ読んでほしい」と勧められた漫画があります。 BLなんですけどね。 実際読んでみた感想は しんどい の四文字が常によぎるのですが、これをオチを知らずに読み続けていた人はしんどいどころの騒ぎ…

電子書籍と紙媒体

ミニマリストという言葉が流行した時、私の周辺では「そんな地方限定なことを言われてもw」と東京ローカルニュースを眺めてほほ笑んでいたものです。 公共の交通機関から見放された地域で住む者には慈悲がありません。 車なくして米も生鮮食品も購入できず…

じゃがいもで食中毒

家庭科で習った、「じゃがいもには毒がある」という情報を生かすことができませんでした。 実写映画になった某漫画のタイトルと同じ名前の毒成分「ソラニン」。ジャガイモの芽や緑化している部分に多く含まれ、摂取すると嘔吐や頭痛、下痢などの症状が起き、…

2018年初ひやっとした話

あけましておめでとうございます。15日までは門松を飾っていてもいいのでまだセーフです。あけておめでたいんです。 今年の抱負は自分でどうこうできることは自分でどうこうしたいので、宝くじで高額当選したいという希望を捨てないということを抱負にしたい…

きらきら輝く宝石たちの愛と友情の物語。

#2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》 Sponsored by Netflix 物語には、非力な主人公が傷つきながら成長して戦い、勝利を勝ち取るという方式があります。 最近の少年漫画ですと、「僕のヒーローアカデミア」がこの方式です。 主人公は「個性」とい…

USJのハロウィンでゾンビパニック体験

ハロウィンの存在を知ったのは20年以上前でした。 昨今、ハロウィンは仮装をしてはしゃぐ日と思われがちですが、USJではハロウィンの伝統にのっとり、現世に舞い降りた魑魅魍魎に魂をとられぬようスタッフ一丸となって魑魅魍魎が逃げ出したくなるほどのガ…

気になっていた在宅ワークの税金のこと

会社に勤めている人は退職するときに「こんなにもらってたのにこんなに引かれていたのか」と気づく国からの徴収金。かくいう私も「こんだけもらってるのに手取りがこんだけなのは全部保険と税金のせいやないかい」とぞっとしたことがあります。 さて、数年前…

採用結果、相手を待つか自分から聞くか

就職活動で採用結果を待つことはよくあると思います。電話してその日に面接してその直後に採用、明日から来てというところもあるでしょうが、ほとんどの場合は採用担当からもっと上の人からあるいは社長から協議の結果三日後やら一週間後やらに採用の連絡が…

杜王町はスペインにあった

お題「最近見た映画」 公開前はかなり不安になり、もしもの時は劇場に火をつけるとまで思うファンも多かった実写映画、ジョジョの奇妙な冒険 第一章が公開されました。 マイナスからのスタートだったせいか、少なくとも私の周りのファンからはかなり熱烈な支…

左足の小指が痺れる原因

みなさん、足の小指だけがしびれたことありますか? 私はあります。 足の小指の痺れは万病の兆候らしく、脳梗塞や椎間板ヘルニア、糖尿病等々ググると怖い情報ばかり出てきます。 怖い情報ばかり見ると不安になりますよね。 なので大雨の中病院に行ってきま…

カプセルホテルの敷居の高さ

昨今、様々な形態の格安ホテルがあり、大阪の某所では1泊800円という「なにかでるんじゃないか」という心霊的な意味でも衛生的な意味でもドキドキする価格帯のホテルがあります。 某旅行会社の倒産をきっかけに私たちは欲しいものを得るときに「値段」と「安…

悪の教典の漂うB級感

大竹しのぶを見るだけでほんのり怖くなるトラウマを植え付けた作品「黒い家」と同じ原作貴志 祐介の小説「悪の教典」の映画化作品。 出落ち感満載ですしストーリーもウィキペディアでネタバレされているので「わぁ」っと驚くこともないと思ったんですが、な…

東京初心者の救世主suica

私は、電車に乗るのが苦手でした。 そんな私が数年前、スマートフォンの普及していない時代。東京に行くことになったその日、私の心の支えは手帳でした。 これさえ見れば駅も路線も書いてある。行ける!と意を決して旅立ったのですが、立ちはだかったそれは…