読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路からのデスマーチ

何気ない日常がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

ハワイでの初めてのおつかい。

お恥ずかしい話、私はセンスが皆無です。

服もそうですが友達に贈り物をするのもいつも頭を悩ませます。気心の知れた仲なら、百万円をモチーフにしたメモをプレゼントしたりしますが、職場の方へのお土産物はいつも無難なクッキーやお饅頭にします。

しかし今から数年前、ハワイに行くことになりました。

ハワイのお土産といえば、丸い木の実やチョコレートで茶を濁すことのできる観光地のメッカですが、お世話になっている先輩からお土産を頼まれてしまいました。

その方の私に課したミッションは、知る人ぞ知るオシャレキッチン用品のウィリアムズ・ソノマで魚の鱗取りを買って帰ることでした。

お店のある場所は幸いなことに、ハワイに来たらここに行かないでどこに行くというほど旅行客がほぼ100パーセント行く、アラモアナショッピングセンター。場所が分かれば達成不可能なミッションもなんだかやれそうな気がしてきました。

 

さて、アラモアナ・ショッピングセンターのやや外れにありました。ウィリアムズ・ソノマ。

お店の前からはまるでレストランのように良い香りがしました。レストラン街じゃないはずなのにと不思議に思いながら一歩入ると、そこはニトリの中のように眩しく、上品なキッチン用品が飾られていました。

スパイスやパスタもあります。

そしてショールームのように綺麗なキッチンでは、笑顔でスタッフさんが料理していました。

料理していたのです。にこやかでトマトとひき肉のソースを作っていました。

これは予想外でした。

さて、それっぽい調理器具を探してみますが、包丁や皮むき器がありますが、ありません。

おしゃれな食器やおしゃれな何に使うのか分からない調理器具はあっても、先輩から見せてもらった写真にあった、魚の形をした調理器具はありません。あんなに特徴的だったから決して見落とすはずはないのに。

ここが日本なら、スタッフー!と泣きつきますが、スタッフー!と叫んでも鱗取りを探していますと日本語で言い。「アーハン?」と困ったように肩をすくめられるのが関の山。スマートフォンのまだない時代、私は電子辞書も持ち合わせていませんでした。

諦めるしかないのかと思いましたが、ここで勇気を出して品出しをしている店員さんに言いました。

自分の腕を乾布摩擦のように撫でるしぐさをしながら「フィッシュー、スキン。」とだけ言いました。

すると店員さんは困ったように肩をすくめて言いました。

「Sold out.」

伝わりました!!

しかしミッション達成ならず!!

いつ入荷するのかと聞けるほどのコミュニケーション能力も気力もなかった私は、皮むき器を買いました。

持ちやすいグリップとジャガイモの根もとりやすいスプーンのような先がついた優れものの皮むき器。

幸いなことに、先輩からはイイネ!をいただけました。

その先輩の笑顔を見て私は、ホノルル・クッキー・カンパニーでお茶を濁さなくて良かったと思いました。

 

 

 

 



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

スプラッターライトノベル「ダイナー」

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

平山夢明

言わずと知れた、読後感がひやぁっとする作品を作り上げるホラー作家さんです。

「今殺りに行きます」という作家、市川拓司に訴えられても文句言えないようなインパクトのあるタイトルを小説に付けたり、幽霊が出ないのに恐ろしくて読み進められない、本当に怖いのは生きている人間です、というような作品を作る作家さん。

そんな彼の作った作品、「ダイナー」

ひょんなことから人生を踏み外し、怖い人たちに穴に埋められかけた主人公カナコ。そんな彼女が命と引き換えに働くことになった食堂は殺人鬼たちの温床だった。

常に命がけデスゲーム状態の超ブラックバイトで彼女は無事ウェイトレスとして生き残れるのか。

 

本作はいやぁな描写も無論ありますが、ダイナーの店主ボンベロの作るハンバーガーは魅力的で、深夜に読むと怖いけどハンバーガー屋に走りたくなる破壊力を持っています。

カイジ並に人生の賭けに負けてどん底に突き落とされたカナコが、運と少しのしたたかさを武器に難を逃れ、最終的には圧倒的に、根本的に分かり合えなかったはずの相手と互いの命を預け合うほどの関係になっていくのに引き込まれます。

読み終わった後に残る清々しさと、B級映画を見たような気分は、もう一回見てみようかなと思わせます。

ライトのノベル感覚で読める作品なので、B級映画好きで少々のグロ描写に耐えられる方ならぜひ読んでほしいです。

 

 

 

ハチノスとの戦い

トリッパという食材があります。日本では焼き肉屋でお馴染みの牛の第二胃袋、ハチノスです。

主にイタリア料理として有名なトリッパのトマト煮。しかし、どこでも食べられる料理ではありません。

私も長年その存在を知り、地元でメニューを載せているところを見つけて行ったら「もうやってないっす。」と言われて、ペペロンチーノを食べて帰った思い出があります。それもまた黒コショウがきいてて美味しかったのですがまた別の話。

 なぜやめてしまったのかというと、下処理がとても面倒くさいのです。

とてもとても面倒くさいのです。

 


f:id:yoshiws:20160911182102j:image

これはスーパーの焼き肉コーナーにあったハチノスです。

この、黒い部分。

これをとるのが、大変でござりまする。

茹でて、煮こぼして、臭いをとってかーらーのー、この黒い部分を歯ブラシでこそぎます。しかし隅々までなかなか取れません。

牛の胃の中で重要な反芻胃。さすがです。

そんなわけで爪楊枝でこそぎます。


f:id:yoshiws:20160911182418j:image

この量に対して、かかった時間二時間。

水につけたわけでもないのに手はふやけました。


f:id:yoshiws:20160911182715j:image

別の食材のようになったこれがアフターハチノス。

もしも次にハチノスを料理することがあれば、白い下処理済のものを買います。

 
f:id:yoshiws:20160911183309j:image

 

万能食材タマネギと炒めます。


f:id:yoshiws:20160911183428j:image

白ワインもあったほうがいいですかね。辛口です。

 

 

 


f:id:yoshiws:20160911183521j:image

 

トマトとコンソメと一緒に煮込みます。


f:id:yoshiws:20160911183610j:image

できましたー!!

あーーーこの量にこの労力!!

コリコリしていておいしいけれど、できればもっと短時間で作れたらいいのに!!

 

インスタント缶詰も悪くなかったのですが、やはり出来立ての方がおいしいです。

一度挑んでみる覚悟のある人はレッツチャレンジ

 

 

 

マイケル・ベイ監督がトランスフォーマーの次に目を付けたアニメ実写タートルズ

お題「最近見た映画」

 

子供の頃、好きだったアニメが、ハリウッドで映画かされたら観に行くしかないと思うんですよ。

それもマイケル・ベイ監督。期待しかない。

私は小学生の頃衛生放送で観た、亀が不思議な薬で人間大になって戦うヒーローアニメが好きでした。

過去の映画も3作目まで作られてとても楽しい作品でしたが、最近の亀さん四兄弟はそれぞれ個性がくっきりいています。

四人のリーダー、青いバンダナがトレードマークのレオナルドは真面目な学級委員長系。

赤いバンダナがトレードマークのラファエロは、タフガイで脳筋

紫のバンダナがトレードマークのドナテロは科学好きなのはそのままによりオタクっぽく草食系に。

黄色のバンダナがトレードマークのミケランジェロは頭が空っぽでのりのりのウェーイ系。

前作では、初めての視聴者に分かりやすくするために、視点が彼らの名付け親であるエイプリルでしたが、今回は四兄弟が主人公です。

長男として悩むレオナルドに、もっと信頼してほしいと憤るラファエロ、みんなの気持ちが分かるけれど率先して発言できずにおろおろするドナテロ、そして明るく楽しそうに見えるけれど人間に受け入れてほしいという悩みがあるミケランジェロ

シン・ゴジラを見ていても思ったのですが、映画界のCG技術はすばらしいのはもちろん、トランスフォーマーを見ていて思ったのがそんな動きをどうしてできるのか。

素晴らしい技術があっても、それをどう演出するか。

マイケル・ベイ監督のCGの魅せ方は、今まで見たことのない生き物を見せてくれます。

しかし一抹の不安があります。

マイケル・ベイ監督のトランスフォーはシリーズを追うごとに敵、味方関係なく惨たらしく殺され、今のところの最新作では最主要セイバトロンだったはずのオプティマスすら惨たらしい有様でした。

このまま進めば、多分四作目あたりで、四兄弟の誰かが殺されるんじゃないか。少なくとも、四兄弟の周りの大切な誰かが。

マイケル・ベイ監督の残忍さがタートルズではでないことを祈るばかりです。

台風の思い出

今週のお題防災の日

 

 

幸いなことに、私の住む家は近年大雨や台風地震に脅かされない日常を送っています。

しかし、その昔。

台風での出来事でした。

 

私は当時小学生。兄と祖母と供に、共働きでいない両親の帰りを家で待っていました。

ひどい風が窓を打ち付け、庭の木は斜めになり、子供心にどこか楽しく思っていたような気がしないこともありません。

しかし、大人のいないときに狼はやってくるのです。

非力な老人と子供のいる家も容赦なく襲った台風は、二階のクーラーの下にあった、木製部分の小さな窓を吹き飛ばしました。

今思えば、何故それを気付いたか不思議です。

私たちは一階にいましたから。

兄とともに見に行くと、寝室には雨風が吹き込み、四角い木の板が飛んでいました。

兄と一緒に抑え、ガムテープで補強し、なんとかしのいで一階に行きました。

母は仕事を切り上げて帰ってくることになりましたが、出張中の父はまだ遠く、電車が動かず身動きが取れないもよう。

兄は祖母に駆り出され、雨戸を閉めにいきました。

私は窓の外を眺めていました。

我が家は、コの字型をしていて、凹んだ部分に母の車を停めていました。そこにはささやかな屋根が付いていました。

r字型とでもいいましょうか。片足の屋根と家の形で風をしのいでいました。

私は風がひどいなあと見ていると、突風が一層窓を打ち付けました。

丸めた新聞が飛んで来たら、確実にガラスをぶち破るレベルの突風。

幸いなことになにも飛んでこなかったのですが、家の形が災いしたのでしょう。

車の雨避けが目の前で、まるで何か大きな見えない手に握りつぶされるように屋根を巻き込み潰れていくのを、私はなすすべもなく見守っていました。

あれは、外に出れば、子供など吹き飛ばしてしまうほどの風でした。

鉄製の柱をへし折りながら、屋根をぐちゃぐちゃに丸めました。

 

台風の後、無くなった看板やたこ焼き屋の巨大なタコの飾りを見て、その規模を知ることがあります。

私は目と鼻の先で、風の本気を垣間見ました。

あの光景は、映画かと思うほどあっけなく、一瞬で、凄まじい力を子供の目に焼き付けました。

 

台風の日に外に出ない、は当たり前ですが、今一度家の外回りを確認してみてはいかがでしょうか。

家の中にいても襲ってくるのが、災害です。

X-MENアポカリプスを観る前に安心してほしいこと

シリーズものって、最初から見ないと話がわからないから見送ることって多くないですか?

X-MENもシリーズが長すぎてやめようと思っている方がいるのでは、と思うと私は不安に駆られます。好きな映画はできるだけたくさんの人に見てほしい。

だからこそ、はっきり申し上げます。

今回のX-MENはシリーズの流れ的にファーストジェネレーションだけ観れば大丈夫です。

何故なら、今まであったX-MENシリーズは過去に戻って原作の何倍もイケメンになったウルヴァリンというキャラクターがなかったことにしたので。

X-MENシリーズで原作で人気のあるキャラクターを殺しまくったため、人気のあるウルヴァリンのスピンオフを挟んだりしながら、その時のイケメン俳優二人を使って過去編を作ったらさぁ大変。人気爆発。

「じゃあ過去にウルヴァリンを戻して話変えて過去からやり直そう。人気のあるイケメン続投して。」

というような事情があったと思うんですよ。なんとなく。

 

最新作アポカリプス。

この作品はX-MENの車椅子にのった毛髪のない老紳士とヘルメット被った老紳士が若かった頃の物語です。スターウォーズで言うとエピソード3にあたります。

重要なのは、心が読めるイケメン、チャールズと、磁力を操るイケメン、エリックが本当は信頼し合った親友同士なのに、方向性の違いから仲たがい状態にあるというのをなんとなくわかっていれば他はあまり気にしなくていいということです。

二人のイケメンがちょっぴり仲直りをして、X-MEN誕生に向かっていく話です。

 

時間に余裕のある人は、前作フューチャー&パストを観るとより良いです。今回も輝いているお茶目なキャラクター、ピーターがとても輝いています。

 

さて、さらに余裕のある人は、やっぱり全シリーズを見た方がいいです。

というのが、スパイダーマンファンタスティック・フォーとは違い、過去をやりなしたけれどそれまでのキャラクターたちが辿った別の未来と考えると違った趣があるのです。

特に今作では、X-MENシリーズでおなじみのキャラクターたちがたくさん出て来るので、懐かしい様な嬉しさが込み上げてくるのです。

 

最後に、注意してほしいことがウルヴァリンファンにはあります。

懐かしい、というよりも、なんでオファーを受けたんですかヒュー・ジャックマンという気持ちが込み上げると思います。

 

私は、最後までちらっとデッドプールが出るかなとわくわくしていたんですが、エンドロールにも出てきてくれませんでした。

公式サイトにはいるのに……。

 

 

 

 

 

 

ホラー映画と見せかけて恋の三角関係の青春映画「死国」

ホラーはそっと添えるだけ。

そんな映画「死国

久しぶりに東京から故郷の四国に夏川結衣に成長して帰ってきた主人公。彼女を待ち受けていたのはイケメン筒井道隆に成長した幼なじみと、高校生の頃に不気味な死を遂げて栗山千明のまま歳が止った友人。

 

本作は久しぶりに故郷に帰ってきた比奈子にそっと忍び寄る死んだはずの幼馴染の影、禁断の呪法、お遍路を逆に回ると死者が蘇る、等地方色の強いホラー設定満載なのですが、残念なことにその恐怖の核たる存在「莎代里」が美少女なんです。

可愛い日本人形のように白い着物を着てぎゅっとだきついてきたり、黒いロングスカートと白いブラウスという一時期流行した童貞を殺す服のようないでたちで上目遣いをしたり。こんな幽霊ならまんざらでもないなと思うレベル。

蘇ったばかりの彼女の弱々しく縋り付こうとする姿は、庇護欲を駆り立てられます。

どうして私は大人になれなかったの? どうして生きてはいけないの? 死んだらこの恋もなくなってしまうの?

比奈子に訴えかける莎代里の女の子としての素直な気持ちや未練になんだか見ていると可哀想で、もうほっておいてあげたい。

おらこんな町いやだー! とばかりに逃げ出したかったのにそれも叶わず、大好きな人は心の底では馬鹿にしていた幼馴染に寝取られるし、もう踏んだり蹴ったり。

そんな莎代里の心情を詳しく盛り込まれ過ぎて、最後には莎代里の身の上が悲しくて泣けてしまう。

 

例えるなら、十三日の金曜日でジェイソンがばったばったと人を殺すんだけれども、その中に大好きなお母さんとの思い出や、将来の夢や、大きくなったらぼくお医者さんになっていろんな人を助けてあげたいんだ、というような描写が挟まれる、という、なんでこんないい子があんなひどい目に遭ってしまったんだという悲しみがこみあげる結末。

 

比奈子よりも莎代里に感情移入してしまう人はきっと多い。

ホラー10パーセント、四国にはきっとこんな魔境があるんだ演出10パーセント なんだか甘酸っぱい恋80パーセントそんな割合の作品。